JSOLと共に歩む理由

業務知識の
深さではなく、高さ。
顧客の数年先を見た一段上の
課題解決能力を得られる場所。

M.Himeji 2003年入社
金融サービス事業本部 コーポレートIT事業部
エンタープライズビジネス第三部 部長

大学を卒業後、中堅規模のSIerに就職。中堅私立大学、大手通信社をクライアントとするプロジェクトなどでスキルを磨く。しかし、徐々に二次請けの案件が増え、顧客の真のニーズが見えず、プロジェクトの全体像が見渡せない状況を解消したく、成長が期待できるプライム案件が中心のSIerへの転職を志望。様々なソリューションを提案できる独立系SIer企業であり、実際の稼働中案件を知る機会を得て大型プロジェクトに関われるチャンスが多いと考え、いくつかの内定先からJSOLを選択し、入社。

私のJSOLエンジニア年表

  • 2003年〜

    プライム案件を回す先輩の
    優秀さを実感する

    A大学の研究業績システム構築プロジェクトに1メンバーとしてアサインされる。そこで年月を重ねながら顧客のシステム更改を繰り返していくスケール感のあるプライム案件を推進している先輩たちの活躍を見て、素直に優秀さを感じた。プライムとしてプロジェクトを最後まで完遂し、顧客の満足を引き出していこうとする各人の自負の強さも伝わってきた。

    ココがJSOL
  • 2008年〜

    他のサブチームと積極的に
    連携を取りPMへの足掛かりとなる

    C大学をクライアントとするWeb学習支援システム構築プロジェクトに、オンラインバッチ処理のチームリーダーとして参画する。顧客と積極的にコミュニケーションを取りつつ、チーム全体をマネジメントした。

    ココがJSOL
  • 2009年〜

    PMとしてお客様の3年、5年後を見た
    プロジェクト管理を経験

    C大学の教学システム再構築プロジェクトにおいて、PMに抜擢される。COBOLベースのホストとCentura言語のクライアントサーバシステムによる構成を、VB.netベースのクライアントサーバシステムに移行する内容。1次開発で基盤共通チームのリーダーとして参画したが、途中でPMのポジションを任される。

    ココがJSOL
  • 2019年〜

    部長に昇格し複数のプロジェクトを
    取りまとめる

    部長に昇格し、長年にわたって信頼を築いてきたC大学に加え、リネンサプライ業のD社、製菓業のE社などの案件で、プロジェクトの全体管理を担当する。顧客側のカウンターパートは情報システム部長クラス。相手とは長期的にIT戦略をどう進めていくかを話し合い、年間のビジネスとして次の動きを考えていく。また、現場とは別に今後は組織運営のスキルを磨き、高い視座でJSOLの価値創出に貢献したいと考えている。

    ココがJSOL

JSOLと共に歩む理由

メーカー系の巨大企業とも
戦える環境で
お客様と

愚直に向き合う。
他にはない課題解決能力の
高さを
体験できることが

JSOLと共に歩む理由。

課題も成長も
自分の意志で考え抜く

単にプライムというだけではなく、幾つものプロジェクトをトータルに主導する大型案件を担うことも多いJSOL。企業規模だけを見れば社員数1200名のSIerですが、手がけている内容は最大手のトップ部門に匹敵します。そして、課題解決能力が非常に高く、メーカー系の巨大企業をはじめ他大手SIerと戦える実力があると自負しています。JSOLでは若手を含めプロジェクトメンバー全員がお客様先へ出向き、会話をする。課題解決のための提案では、「自分はなぜその提案をするのか」を徹底的に考えてお客様にお伝えすることを教えられます。なんとなくは絶対にだめ。「間違っていても自分の考えを伝える」文化が根付いています。こうした日々の仕事で常にお客様に対する自分の考えを問い続けるJSOLの環境が、課題解決に対する目線を上げる経験につながっていくのです。相手に対して関心を持ち、考え続けるJSOLの風土は、社内のメンバーの成長にもつながっています。上司は常に部下全員の資質、実力、志向を把握することを厭いません。そして、本人の意思を汲みつつ、上の段階に挑戦させるように動きます。私も部長になった今、成長につながる仕事を任せることを念頭において部下の全員と会話をする時間を大切にしています。会社も技術者が自ら成長を目指せることを制度化。年に3回の面談の場や、年に1度、プロジェクトなどを希望できるローテーション制度など、自分の意志でキャリアを考え、前向きに挑戦できる環境があります。お客様の課題にも、社員のキャリアにも当事者意識を持って真摯に向き合うから、全社員の課題解決能力と成長への意識が高い。それが、私のJSOLと共に歩む理由です。

  • 目先の納品ではなく、顧客への
    持続的な貢献が最優先。
    パートナーとして妥協せず、
    共通価値の創造を追求できる。

    T.Hakui
    プラットフォーム事業本部
  • 業務知識の深さではなく、高さ。
    顧客の数年先を見た一段上の
    課題解決能力を得られる場所。

    M.Himeji
    金融サービス事業本部
  • キャリアに無駄と隙間がない。
    上司、仲間との連携で
    業態もスキルも攻められる
    機会を自ら掴める。

    Y.Iwahashi
    法人事業本部

RELATED CONTENTS

ICT業界からの転職者

ターニングポイント
私がキャリア、働き方を変えたタイミング
  • N.Nakayu
    前職:大手SIer
  • T.Takahashi
    前職:システム開発会社