TOP

目線の先に、
次の成長があるか

新たなステージで知的好奇心を満たす。

一段、二段上の
やりたい仕事がある
声を上げる自分、
汲み取る相手がいるか

常に上を目指す、その心の声に耳を
閉ざしていないだろうか。
心の声を投げかける
自分と相手がいて、将来を見越した道標を描く。
望む仕事に自ら手を挙げて参加する。
あるいは次のステップを考え指導者から、
一段上の案件が推奨される。
それを繰り返しながら
また一段、二段上のステージの前に立つ自分がいる。
私たちの日常には、そのような機会と
相手が身近に在ります。

知的好奇心は健在か
今も扉を開けた感動を
忘れていないか

一つの原理や仕組みを知り、それが腑に落ちて、
目の前の靄が急に
晴れた時の爽快感、
それは何にも替えがたい。
そういった好奇心がきっかけとなった数々のビジネス。
産学連携DXサービス、新規事業創出につながる
イノベーション創出、
国内初のDX戦略への挑戦。
まだ誰も経験していない技術に挑む機会が
知的好奇心を刺激し、未知の技術に
心躍らせた頃の自分に出会う。
私たちの中には、そんなサイクルが深く息づいています。

自分も、仲間も望む
働き方がある
それぞれが自由に
働けているか

それぞれの個性が違うように、それぞれの働き方がある。
その柔軟な働き方が仕事へ
良いパフォーマンスを生み出す。
勤務効率を最大限に高められる
セキュアなテレワーク環境、
時間単位で柔軟かつ自在に取得できる年休、
オフタイムでの自己研鑽を支援するカフェテリア型研修。
私たちは、数々の制度の支援によって
心から仕事に打ち込めるワークスタイルを実現しています。

お客様も気づいていない
課題がある
そこに踏み込む、
強い想いはあるか

相手を知るために距離を縮め、
興味を持ち、違和感に気付く。
客観的な視点を持つ第三者だからこそ、
見えてくる課題の奥底がある。
現代の企業活動において、ICT戦略は
未来の経営を大きく左右する。
顕在化している課題に対処するだけでは成功に導けない。
お客様に誰よりも寄り添いながら
コンサルティングを進める
私たちだからこそ、
できることは大きいのです。

枠を超えた
挑戦ができるか
それは自分の未来を
引き寄せるか

普段の仕事のなかでふと気づく新しいビジネスの種。
そういった
気づきを無駄にせず、芽を育て、大きな柱にし、
そしてまた次の種を
生みだすことで未来を創る。
理化学研究所との共同出資による新会社設立。
AIを使った取引先業況変化検知サービスの提供。
私たちは社内各所で次々と新機軸に着手している。
挑戦と成長のサイクルの停滞は、ここにはありません。

あなたの頂点は、
まだまだ見えていないはず。

さあ、もっと高く。
もっと強く。

株式会社JSOL

TOP