JSOL PERSON

ICT業界からの転職者INTERVIEW

自分の価値を最大化させたくて、
恵まれた状況からの離脱を決意。

Y.Iwasaki

2018年5月入社
金融・サービス事業本部 ビジネスIT事業部 デジタルビジネス推進部
選択のポイント

持続的なスキルアップ環境の獲得

何を変えたかったのか

  • クライアントに対し、自発的に提案ができるポジションに立ちたかった
  • 能動的な働き方がより高く評価される環境で切磋琢磨したかった
  • 成長と貢献に見合った給与体系を望んでいた

JSOL 選択の理由

  • 独立系+顧客志向がもたらすチャレンジングな環境
  • 社員の成長を引き出す風土があり、長く働けそうであること
  • 技術力の高さと社風や人柄の良さ
  • 成果に対する相応の報酬が期待できること
Before以前の私

仕事に能動的に
取り組んでいくと
行動に制約が見えてきた

前職は化学製品を製造する某有名メーカー傘下のシステム開発会社です。その会社に新卒入社後、DWHの構築を手始めに、インフラ全般の設計から基幹システムの構築まで、グループ会社のIT業務に幅広く携わりました。入社当初から人財としての市場価値、社内価値を高めようと心掛けていたため、次第に同世代の間でも評価されるようになり、大規模プロジェクトにおいても、責任感ある仕事にも抜擢されました。何事にも自発的・能動的に取り組む私の性格が、仕事の幅を広げ、成長する機会を引き寄せたのだと思います。このように、ユーザー系IT企業の社員として申し分ない環境だったのですが、自分自身の成長曲線が少しずつ鈍化していく感覚を感じるようになりました。親会社を中心とするグループ各社のIT戦略に即した提案を求められることが、自分の可能性に“待った”をかける枠となって見えてきたのです。

After現在の私

クライアントの
課題解決に、責任を持って
挑戦できる立場に喜びを
感じています

日本総研の外販事業を源流に持つJSOLには、自らの価値を発揮する場を積極的に開拓していこうとする風土が息づいています。常に最善の取り組みを実行したいと考える私が求めていたのは、まさにこうした環境でした。現在はSalesforceのソリューションをベースに、化学・機械・電子部品等のメーカー各社に様々な課題解決提案を行っています。お客様の気づいていない潜在的な課題にまで掘り下げて提案し、契約に至ればPMとして要件定義からカットオーバーまでプロジェクトを牽引する責任感ある仕事に、質の高い成長を実感しています。お客様の課題解決を導くスキルを自発的に磨き、まずは自分たちの判断による方向性を提案し、それが認められて実行に移していく今の立場は刺激的です。まだまだ自身の理想に実力が追いついていないと自覚していますが、同じような価値観を持った上司からいつも適切なアドバイスがもらえるのが心強いですね。

同業界の私から見ていたJSOL

前職でJSOLのエンジニアと協業する機会があり、最初に感じていたことは、出会う人たちの人柄の良さです。プロジェクトを進めていくと、ミッションを堅実にこなす技術力の高さも伝わってきました。JSOLの社員が仕事に取り組んでいる様子に、市場価値の高いエンジニアを輩出する背景を垣間見た気がしました。その時に感じた印象は入社後も変わらず、お客様やチームメンバー、家族に貢献しながら働きたいという私の価値観を共有し、コミュニケーションできる上司や仲間に恵まれ、お客様の課題解決に貢献できるやりがいを実感しています。